旅と鉄道2024年増刊4月号ありがとう国鉄型特急

著:「旅と鉄道」編集部
紙の雑誌
定価:1,980円 (本体1,800円+税10%)
紙の雑誌 定価
1,980円 (本体1,800円+税10%)
紙の本を買う
電子雑誌
希望小売価格:1,980円 (本体1,800円+税10%)
電子雑誌 希望小売価格
1,980円 (本体1,800円+税10%)
電子雑誌を買う
発売日
2024年3月6日
刊行形態
雑誌
仕様
A4変/96ページ
JAN
4910059740443

商品説明

いよいよラストランを迎える381系「やくも」 日本国有鉄道(国鉄=JRの前身の公共企業体)が製造した381系電車を使用した特急「やくも」は、今年4月から6月にかけて新型車両への置き換えが予定されていて、最後の国鉄型特急として注目を集めています。 現在、国鉄型の特急形電車・気動車を使用した定期特急は381系「やくも」のほか、キハ185系の気動車特急がJR四国とJR九州で走っていますが、中でも381系は前面の特急マークやトレインマーク、高位置に設けられた運転台など、国鉄型特急の伝統的なスタイルで製造されたため、長年の鉄道愛好家にとって、その終焉は非常に印象深いものがあります。 本誌では、北海道から九州まで、全国を走った国鉄型の特急形電車・気動車を使用した特急をエリア別に解説。懐かしい車両が誌面を駆け巡ります ◆特別付録として、「懐かしの国鉄型特急トレインマーク シールコレクション」が付いてきます。(紙版のみ) ※電子版は巻末に「懐かしの国鉄型特急トレインマーク」画像になります。

もっと読む 短くする

目次

特別付録「懐かしの国鉄型特急トレインマーク シールコレクション」(紙版のみ)

国鉄特急色、ラストランへ
いまを走る国鉄型特急の動向

エリア別・国鉄型特急の記録
Part.1 北海道の国鉄型特急(気動車特急/電車特急)
Part.2 東北の国鉄型特急(上野~東北本線/上野~奥羽本線/上野~磐越西線/北東北エリア/上野~羽越本線)
Part.3 関東甲信越の国鉄型特急(上野~信越本線/上野~常磐線/上野~上越線/上野~北関東/上野~宇都宮方面/新宿~中央東線/房総特急/東海道本線/伊豆特急)
Part.4 中部・北陸の国鉄型特急(名古屋~中央西線/名古屋~高山本線/名古屋~紀勢本線/日本海縦貫線)
Part.5 西日本地方の国鉄型特急(大阪~紀勢本線/北近畿エリア/山陽本線/陰陽連絡特急/山陰本線)
Part.6 四国・九州の国鉄型特急(予讃線系統/土讃線系統/その他の四国特急/鹿児島本線系統/長崎本線系統/日豊本線系統/その他の九州特急)

トレインマークの見かた 昼行特急編

国鉄型特急 ―進化と変化―
151系/キハ80系/161系(コラム157系)/181系/481・483・485・489系/581・583系/キハ181系/183・189系/381系/781系/キハ183系/185系/キハ185系

国鉄分割民営化から37年 国鉄型特急に「ありがとう」
シェアする