2022.03.17
プレスリリース

鉄道に乗ったり撮ったり、鉄道趣味を楽しむうえで
知っておきたいルールや素朴な疑問を法律に基づいて解説
『鉄道好きのための法律入門』を発刊

インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2022年3月19日に、『鉄道好きのための法律入門』を刊行いたします。

鉄道撮影のマナー問題等も取りざたされる昨今。利用者も鉄道会社も、気持ちよく鉄道に乗ったり、鉄道趣味を楽しむために、知っておくべきルールや、「電車を止めると高額賠償を請求されるって本当?」など、よく聞く鉄道の利用に関する素朴な疑問を、法律や鉄道事業者各社の営業規則等に基づいて解説。Q&A形式で気軽に、鉄道利用のルールやマナーが分かる一冊です。

Q&A形式で、鉄道利用や鉄道趣味に関するルールやマナーを分かりやすく解説

◆目次◆

1章 乗車マナー編
座席確保のために定期券の区間外まで出てもいい?/購入した乗車券を人に譲渡するのはOK?/きっぷは持ち帰ってもOK?/1人で乗車するときに指定席券を2枚購入してもOK?/実は列車への持ち込みが禁止されているものはある?/列車を止めると高額賠償を請求されるって本当?/列車の遅延で生じた損害を補償してもらうことはできる?/乗車率100%を超えてきっぷを売るのは許される?/幼児だけでも無料で列車に乗れる? ……など

第2章 鉄道趣味編
鉄道の撮影に許可は必要?/鉄道写真を撮影するときにフラッシュを使用してもいい?/線路立ち入りの罰則は10円ってホント?/運用前の新車両を撮るのはOK?/駅員や車掌、運転士などの写っている写真は公開してもOK?/無人駅に泊まり込むのはOK?/趣味で鉄道のデザインを利用するのはOK?/使用済みきっぷの売買はOK?/駅の発車メロディを録音して公開するのはOK? ……など
  
第3章 鉄道豆知識編
そもそも鉄道の法律ってどうなっている?/法律的には路面電車は鉄道ではない?/車両を持たない鉄道会社がある?/ICカード乗車券は誰のもの?/鉄道運賃はどのように決まるの?/踏切は新設ができない?/ワンマン運転と無人運転はどうして許される?/鉄道はどのように廃止される? ……など

【著者プロフィール】

小島 好己(こじま・よしき)
翠光法律事務所弁護士。1971年生まれ。1994年早稲田大学法学部卒業。2000年東京弁護士会登録。宇都宮ライトレール株式会社顧問弁護士、一般社団法人交通環境整備ネットワーク監事、法曹レールファンクラブ会員。東洋経済オンライン「鉄道最前線 法律で見える鉄道のウラ側」連載中。

【書誌情報】

書名:『鉄道好きのための法律入門』
仕様:四六判・160ページ
定価:1650円(税込)
発売日:2022年3月19日

全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
https://amzn.to/3KiqckL

【株式会社天夢人】

https://temjin-g.co.jp/
2007年設立。隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』をはじめとする、鉄道・旅・歴史・民俗・カルチャーをテーマとした雑誌や書籍を発行し、人生を豊かにするための情報を発信しています。

【インプレスグループ】

https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

以上


【本件に関するお問合せ先】
株式会社天夢人 担当:篠原
Tel:03-6837-4680 / E-mail: info@temjin-g.co.jp
URL:https://temjin-g.co.jp/

前の記事へ 次の記事へ